項   目 公開予定
1.入院レセプト対応
(1)システム管理(入院基本料等) 2002年9月
  備考:一般公開後、運用試験
(2)入院登録・変更、退院登録 2002年9月
  備考:一般公開後、運用試験
(3)入院診療行為入力 2002年9月
  備考:一般公開後、運用試験
(4)入院レセプト 2002年10月
  備考:一般公開後、運用試験
(5)定期請求管理 2002年10月
  備考:一般公開後、運用試験
(6)他業務入院対応 2002年9月
  備考:一般公開後、運用試験
(7)日報等統計 2002年9月
  備考:一般公開後、運用試験
2.日医標準レセプトソフトの進化
(1).運用面の進化
@院内複数マシンへのインストール自動化 2002年10月
  備考:2代目はミラー。3台目以降はNFSで検討。ドキュメントを作成
Aリカバリ機能強化(運用別に対応等) 2002年9月
  備考:センターバックアップの時間設定ができるようにするなど
B算定ロジックのDB化 2003年4月
  備考:2003年4月改正時から対応
Cプロトコルの整理 2003年4月
  備考:プロトコルの整理をし通信量を減らす処理。進化機能
Dセキュリティポリシー 2002年9月
  備考:基本ポリシーを元に個々のポリシーを作成する
Eセンターサーバドキュメント作成 2002年9月
  備考:セキュリティーポリシーに合わせて公開を行う
FIPv6による診療所、サポートベンダー接続 2002年9月
  備考:セキュリティーポリシーに合わせて公開を行う
Gトンネルサーバの1台あたりの接続数増加試験 2002年8月
  備考:現状256.ユーザーを増やして運用できるか試験を行う
Hトンネルサーバの複数台対応 2002年8月
  備考:RADIUS等を検討する
IIPv6による遠隔操作 2002年9月
  備考:診療所と自宅でORCAの接続を行う
      セキュリティーポリシーに合わせて公開を行う
JIPv6&IPv4通信速度表示CGI 2002年7月
  備考:
(2).高速化・安定化の進化
@WOODY対応 調査・対応 2002年9月
  備考:WOODYへの移行時期については調査・対応後検討する
ACOBOLプログラムの安定化、高速化作業 随時
  備考:
BCOBOLソース自動再コンパイル機能 2002年9月
  備考:
CMONTSUQIの安定化、高速化 随時
  備考:
D帳簿フォームとCOBOLデータの対応を自動化 2003年3月
  備考:帳簿レイアウト変更時の手作業を自動化
E排泄制御機能 2002年8月
  備考:
(3).操作面の進化
@ブラウザ(HTML)での使用 2002年9月
  備考:ブラウザでの使用方法のサンプルとドキュメントを作成する
      セキュリティーポリシーに合わせて公開を行う
A業務メニュー画面ブラウザ機能の向上 2003年3月
  備考:
Bプレビュー対応 2003年3月
  備考:通信方法がSSHによる対応予定
C再印刷機能(アプリ対応) 2002年8月
  備考:印刷トラブル時の対応(プリンタ複数台対応)
      印刷情報をためておき、再印刷(ページ指定化)を行う
D再印刷機能(ミドル対応) 2003年3月
  備考:
Eフォーカスアウトの仕様 2002年9月
  備考:テンキーのエンターとエンターの使い方を変えて対応
F色、リバース表示 2003年3月
  備考:ラベル、テキスト、ボタンのWidgetについて対応
G砂時計 2002年9月
  備考:検索時などの待ち表示機能
Hプログレスバー表示 2002年9月
  備考:バッチ処理などの進捗表示機能
Iタイマー起動ポストタイムメッセージウィジェット 2002年9月
  備考:一定時間未入力時にサーバーへのアクセスを行う機能
J患者照会業務追加
 ・患者照会業務追加
 ・同業務から患者情報のCSV出力対応
2002年6月
  備考:
  備考:患者一覧、葉書の宛名印刷等に利用する
K受付
 ・保険確認機能追加
 
2002年7月
  備考:患者登録画面でしかできない保険確認を受付画面でもできるようにする
L患者登録
 ・カナ氏名から漢字氏名変換対応
 ・保険情報、公費情報の直接登録・修正
 ・矢印での自由移動対応
 
2002年6月
2002年7月
2002年7月
  備考:人名DB作成により対応
  備考:
  備考:
M診療行為
 ・DO検索時の内容表示対応
 ・ダブルクリック時の画面フリーズ対応
 ・矢印での自由移動対応
 
2002年6月
2002年9月
2002年7月
  備考:指定した日が診察料のみの時の内容表示を行う
  備考:検索待ち表示時に砂時計表示し、入力項目のロックを行う
  備考:
N請求確認
 ・入金対応
 ・未収金対応
 
2002年12月
2002年12月
  備考:入金額欄に請求額以上の入力を可能とする
  備考:未収金の表示を行い、入金される額が今回分か未収分かを選択できるように対応する
Oレセプト
 ・該当月の各種内容を画面表示対応
 ・出力区別と通し番号の印字対応
 
2003年3月
2002年7月
  備考:ビューア機能実装後、対応する
  備考:
P収納
 ・1患者の出入金の画面表示対応
 ・請求履歴の画面表示機能向上
 
2002年8月
2002年9月
  備考:診療科の選択等を考慮するが、診療科、保険自費問わず
      当該患者の全ての出入金を把握できるよう対応する
  備考:請求履歴の画面が別画面として表示されるので同一画面表示として考慮する
(4).他システムとの接続
@CLAIM対応 2002年9月
  備考:
(5).移植性等に関する機能追加と向上
@JAVA対応 2003年4月
  備考:
3.データベースマスタの維持・メンテナンス
(1).マスタメンテ
@禁忌マスタ 2002年6月
  備考:リリース後、マスタメンテとして随時メンテナンスを行う
A病名マスタ 2002年6月
  備考:リリース後、マスタメンテとして随時メンテナンスを行う
B点数マスタ 随時
  備考:マスタメンテとして随時メンテナンスを行う
C併算的マスタ 2002年9月
  備考:リリース後、マスタメンテとして随時メンテナンスを行う
D保険者マスタ 随時
  備考:マスタメンテとして随時メンテナンスを行う
E住所マスタ 随時
  備考:マスタメンテとして随時メンテナンスを行う

BACK  ORCAプロジェクトTOP

TOPへ戻る