● 労災の平成14年度改正に対応したプログラムは完成し、現在検討中(7月現在)
● 専用帳簿に印刷するための機能は7月末の提供を予定
● 自賠責への対応は、労災での検証が終わってから機能を追加する予定

(2002年6月19日公開)

データベースの概要
  • 医薬品添付文書の表現には、解釈に個人差が生じたり禁忌の相手薬剤を特定できないケースがある
 
  • 医師、薬剤師が全ての併用禁忌を網羅的に記憶し、照会することは無理
 
相互作用記述のパターン
双方向パターン
  • A、Bの添付文章が互いを
    禁忌として指定
自薬剤 相手薬剤
自→他パターン
  • 相手薬剤が禁忌として
    自薬剤を特定していない

    (禁忌として見逃されやすい)
自薬剤 相手薬剤
製薬企業への個別問い合わせを実施
曖昧特定パターン
  • 禁忌となる相手薬剤が
    カテゴリーもしくはグル
    ープで記述されているもの

    (禁忌として見逃されやすい)
自薬剤 相手薬剤群

BACK  ORCAプロジェクトTOP  NEXT

TOPへ戻る