沼田利根医師会のホームページにアクセスして頂き、まことに有難うございます。心から歓迎申し上げます。

沼田利根医師会会長  藤塚 勲



 平成26年6月から白井前会長の後、第12代沼田利根医師会会長を拝命しました。宜しくお願い致します。
 沼田利根医師会は群馬県北部の沼田市、みなかみ町、片品村、川場村、昭和村の1市1町3村からなる沼田利根保健医療圏の医療機関を会員として当地区の保健、医療、福祉に関する活動を行っています。
 当地区の特徴として群馬県の約4分の1を占める広い面積(約1,765平方キロメートル)に人口 89,032人(平成22年国勢調査)と過疎化が進みつつあり、森林面積が圏域の86%を占め、多くの医療機関は中心部の沼田市に集中しています。
 沼田利根医師会は平成26年6月7日現在でA会員46名、B会員60名の計106名で地理的に周囲から隔離されたこの地域で完結される医療を目指して住民の診療等に取り組んでおります。

医師会として現在行っている事業について紹介致します。

1. 沼田准看護学校:昭和31年から医師会立の准看護師養成所として運営し毎年20数名の准看護師を育成しております。(詳しくは看護学校の頁をご覧下さい)
2. 沼田利根医師会休日夜間急患診療所:平成26年4月からそれまであった休日急患診療所と夜間小児救急診察室を統合し日曜祭日の昼間と平日の夜間(火、水、木、金)の内科、小児科の一次救急に対応した診療を行っております。(休日夜間急患診療所の頁もご覧下さい)
3. 沼田利根地域産業保健センター:平成8年から従業員50名未満の事業所の健康相談、個別訪問指導、産業保健の情報提供を無料のサテライト方式で行っておりますのでご活用下さい。
4. セミオープンシステム:平成9年から独立行政法人国立病院機構沼田病院と「ダイレクト予約システム」やクリニカルカンファランスによる病診連携システムを構築・活用しております。
5. 介護認定審査会:平成12年から介護保険の導入に伴い利根沼田広域圏の審査会に当医師会会員が参加し中心的役割を果たしております。
6. 利根沼田遠隔医療ネットワーク(PACS):平成21年度の総務省ユビキタスタウン構想推進事業の交付金をもとにICT活用遠隔画像転送システムを利用し23の医療機関をネットワークで結び救急医療などの地域連携事業を行っております。
7. 健診・予防接種:沼田利根の市町村からの委託により特定健診や各種がん検診、各種予防接種を各医療機関で個別に対応しておりますのでご利用下さい。
8. 卒後研修会:医師会会員を対象にした卒後研修会としての学術講演会をほぼ毎月開催しております。圏内の薬剤師さんや保健師、看護師さんも出席可能ですので是非参加して下さい。

 平成22年度厚生労働省の地域医療再生基金、平成25年度群馬県の准看護学校補助金、および利根沼田広域圏補助金等を活用し、かねてから念願であった休日夜間急患診療所、准看護学校、医師会事務局を統合した地域医療センターを上原町に新築し、高橋場町の旧メディカルセンターから平成26年4月に移転して上記の各種事業を展開しております。
 また平成26年4月10日より一般社団法人としての移行手続きが完了し遅ればせながら心機一転、新たな医師会としてスタートを切っております。
これからは会員相互の連携、親睦も大切に地域住民や関連行政のニーズに対応すべく、特に現在日本医師会の命題ともなっております地域包括ケアシステム事業にも役員、会員共々積極的に取り組んで行きたいと思っております。

最後に平成28年6月現在の沼田利根医師会の役員を紹介致します。

 会 長 藤塚 勲
 副会長 角田 守
  〃 林  秀彦
 理 事 星野 仁夫
  〃 矢内 正男
  〃 石田 智之
  〃 青木 栄
  〃 森平 和明
  〃 迫田 洋人
 監 事 平井 裕一郎
  〃 内田 好司

一般社団法人沼田利根医師会
会長 藤塚 勲


ホームへ戻る